🚩トラブル対応編

本項目では、せどりを実践していく中で想定される
トラブルをまとめ、対応方法を解説していくことにします。

どんなビジネスにも想定外は起きることなので
事前に起こり得るトラブルを把握しておくことも大事かと思います。

✅悪い評価がついた場合

何かしらの理由で悪い評価をつけられてしまった場合の対処です。

悪い評価はアカウント健全性を傷つけることになるので
できる限り削除しておきたいところです。

評価削除を試みる方法は2通りあります。

  • Amazonにストア側の非ではないことを主張して削除依頼
  • 購入者に謝罪、適切な対応を行った上で削除依頼

まず、必ず試してほしいのはAmazonへの削除依頼です。

FBAを使っていれば発送に関する理由ならほぼ削除できますし
たとえば商品自体のレビューになっている場合なども削除してもらうことができます。

削除依頼の方法は下記の動画をどうぞ。

Amazonに削除依頼をして消すことができなかった場合は
購入者に謝罪して、悪い評価を取り下げてもらうしかありません。

削除できなくてもAmazonの運営は継続できますが
少しでも評価の高いストアを保つため出来るだけのことはやりましょう。

✅万が一のクレーム対応

お客様から、クレームの電話がかかってくる可能性もゼロではありません。

ただ、本教材のノウハウではFBAを使うことを前提としていますので
基本的に「Amazonにお問い合わせいただくよう促す」という対応でOKです。

謝罪しつつ、ストア側で対応が難しいので
Amazonに直接ご連絡いただきたいと伝えてください。

✅アカウントの健全性が傷ついた場合

万が一、アカウントの健全性が傷ついてしまった場合も
健全な状態に戻す努力をしましょう。

アカウントの健全性を回復するためには2つの選択があります。

  • 集計対象期間が過ぎるのを待つ
  • 評価獲得用の商品を売って薄める

まず、特に何もしなくても、アカウント健全性を測る対象期間が過ぎれば回復します。
期間はわりと頻繁に変わるので、下記で参照しておきましょう。
👉アカウント健全性の確認【amazon seller central】

期間が短い場合は、待つのもありですね。

問題は、期間が長い場合ですが、回復させる方法は
良好な取引をしまくって悪化した要因を薄めるしかありません。

おすすめの方法は、販売戦略編でお伝えした評価獲得の方法を使い
安価な商品を、大量に売って薄めるというやり方になります。

FBAの注文が原因で悪化した場合は
FBAで売らないと薄まらないので注意しておきましょう。

✅真贋や知的財産権侵害の対応について

最近、Amazon物販業界を賑わしているのが「真贋」や「知的財産権の侵害」の指摘ですね。
アカウント停止、または閉鎖の危険を伴うトラブルです。

とは言え、現状においては「来るときは来る」という感じで
売上実績が少ない初期段階こそ、来る確率が高いとも言われています。

万が一、「真贋」や「知的財産権の侵害」の指摘がやって来てしまったら
Amazonの指示に従い、できる限りの対応を行うしかありません。

なお、書類の提出を求められる可能性もあるので、仕入れ時の領収書、請求書、納品書などはすべて保管しておきましょう。

また、Amazonは対応のスピードや誠実さもチェックしていると言われていますので
書類がすぐに準備できない場合も、とりあえず現状について「即返信」した方が良いでしょう。

内容は正直に、素早い返信を心がけて対応するのが、最悪の事態を免れるためのコツになります。

ちなみに、上述の指摘は「過去に出品していた商品」に対して来る可能性もあるので、在庫が0になったSKUは、随時削除しておくようにした方が、事前対策になるかなと思います。

✅サスペンドの対応について

アカウントが停止、または閉鎖となってしまった場合も
復活の可能性は残されています。

対応のコツは、上述の真贋や知的財産権侵害の対応と同じでして
正直に、そして素早い返信を心がけることが大事です。

とは言え、復活はかんたんではありません。
数回のやり取りで復活できるとは思わない方がいいでしょう。
根気強く、Amazonのアカウントスペシャリストとやり取りを繰り返すしかありません。

✅AmazonのことならAmazonに相談がベスト

真贋や知的財産権侵害のトラブルの話をすると
Amazonをまるで敵のように感じてしまう方もいるかもしれませんが
本来、Amazonは味方なので、不明点があったら頼りましょう。

例えば、FBA納品に関する不明点やトラブルなどは
直接、Amazonに相談した方が、解決はスムーズです。

セラーセントラルから簡単に問い合わせもできるので
AmazonのことならAmazonを頼りましょう。