🚩販売戦略編

本項目では、商品を売るためのコツをお伝えしていきます。

せどりを実践するにあたり、多くの人は「仕入れ」に重きを置きますが
商品が売れなければ収益化できないわけで、売るコツも重要になります。

せっかく仕入れた商品なので、できるだけ早く、高く売りたいところ。
販売戦略もしっかり身につけておきましょう。

【もくじ】

Amazon販売戦略

本教材でお伝えするノウハウにおいては、
仕入れた商品は原則Amazonで売ります。

理由はシンプルにユーザー数と販売意欲の高いユーザーが多いAmazonが
いちばん売りやすいからです。

Amazonにおける販売の基礎と戦略を身につけていただければと思います。

✅Amazon販売にかかる手数料

Amazonで商品を売る場合、いくつかの手数料がかかります。
いま一度、手数料の種類を理解しておきましょう。

Amazon販売にかかる手数料は下記の通り。

  • 販売手数料
  • 基本成約料(小口出品のみ)

手数料の割合、金額については
出品する商品のカテゴリーにより異なるため下記を参照しましょう。

👉料金プラン【Amazon出店サービス】

また、本教材においては、AmazonのFBAサービスを使うことを推奨しています。
FBAについては、このあと解説しますが、FBAも下記の手数料がかかります。

  • 配送代行手数料
  • 在庫保管手数料

FBAにかかる手数料についても、商品サイズ等により
割合、金額が変わりますので、下記を参照しましょう。

👉FBAの料金プラン【Amazon出店サービス】

仕入れ時の手数料計算については、
モノレートやFBA料金シミュレーターを使って自動で行うので
ぶっちゃけ上記を理解していなくても稼げますが
手数料の種類だけでも理解しておくと良いかなと思います。

✅FBAを使って出品する

仕入れた商品は、FBAを使って出品しましょう。
FBAとは何かを簡単に説明すると下記の通りです。

Amazonの倉庫に商品を預けることができて、売れた後の発送やユーザー対応を代行してくれるサービス

FBAのサービス概要について、詳しく知りたい方は下記も参照してください。

👉FBAで国内発送も海外発送もAmazonにおまかせ【Amazon出店サービス】

✅FBAを使うべき理由

FBAを使うべき理由を深堀りします。主な理由は下記の通り。

  • PRIMEマークがつくので売れやすい(安心感を与える)
  • 発送の手間が削減される

PRIMEマークのメリットについては下記のサイトをどうぞ。

👉出品商品にprimeマークを表示して売上拡大を目指しましょう【Amazon出店サービス】

FBAを使わない場合、商品が売れる度に、自分で配送の手配をしなければなりません。

本教材を手にされている方は、副業でせどりをされる方がほとんどかと思うので
副業で自己発送は辛すぎますよね。

手数料はかかりますが、ケチらずFBAを使いましょう。

✅FBAを使った出品方法

具体的に商品を出品する方法です。
作業の流れは下記の通り。

  • セラーセントラルから商品登録
  • 商品の梱包やラベル貼り
  • Amazon倉庫へ商品を発送

具体的なやり方は、Amazonが丁寧にまとめてくれているので
下記のサイトを参照しましょう。

👉FBAご利用ヒント集はじめてでも簡単・安心【Amazon出店サービス】

✅どうしたら売れるかを考える

Amazonの販売戦略における、基本の考え方ですが
仕入れ編でお伝えした「売れる商品の考え方」そのままです。

結局は、経験を積みつつ感覚を養っていくことがいちばん大事なので
あくまで、基本的な考え方として参考にしていただければと思います。

同じ動画ですが、下記に再掲載しておきます。

【どうしたら売れるかの考え方動画】

✅新品と中古の戦略の違い

新品を売る場合と中古を売る場合の戦略はまるで違います。

  • 新品 →カート獲得を狙い最安値付近で売る
  • 中古 →コンディションに応じた適正価格で売る

中古の場合はコンディションによって商品の価値が変わるので
何から何まで最安値で売ればいいというわけではありません。

【新品と中古の戦略の違い動画】

✅カート獲得について

カート獲得するストアは下記の要素から決められると言われています。
※Amazonはアルゴリズムを公開していないため一般的な見解です。

  • アカウント年齢(開設からの経過日数)
  • 大口出品であること
  • リードタイム(出荷までの日数)
  • 在庫数
  • 出品価格
  • ポイント付与率
  • アカウントの健全性
  • 販売実績

本教材のノウハウにおいては、基本的には価格でコントロールするしかありません。
アカウントの実績が積み上がっていけば、最安値でなくても獲得できるケースもあるでしょう。

✅アカウントの健全性について

アカウント健全性については、改善するというより悪化しないように注意する必要があります。
アカウント健全性は下記の要素により決まります。

  • 注文不良率
  • キャンセル率
  • 出荷遅延率
  • 追跡可能率
  • 期日内配送率
  • 返品の不満足度

各項目の意味については下記を参照してください。

👉アカウント健全性の確認【amazon seller central】

FBAを使っていれば、悪化するケースは少ないものの
悪化するとカート獲得がしにくくなったり、アカウント停止のリスクが高まったりしますので
注視しつつ、運営していくようにしましょう。

✅コンディションの決め方

コンディションを決める上でのポイントは3つあります。

  • Amazonのコンディションガイドラインを守ることが前提
  • 最終的には主観でOK

まずは前提として、Amazonのルールを守りましょう。

👉参考サイト:コンディションガイドライン【amazon seller central】

ぶっちゃけ、コンディションガイドラインを守らない設定をしても
出品はできますが、アカウント停止などのリスクもあるのでおすすめはしません。

ただ、ルールさえ守っていれば最終的には主観でOKです。
状態の良し悪しは、見る人によっても変わりますからね。

とは言え、傷だらけの商品を「中古の非常に良い」で出品したら
あとあとクレームになる可能性がありますので見栄を張るのはNGです。

とは言え、遠慮しすぎると売れにくくなるので
僕は「嘘のない範囲で強気に設定する」くらいの感覚を意識しています。

ちなみに、コンディション設定でよくある間違いが
新品で出品できない商品を新品で出品してしまうというケース。
新品で出せそうで出せない事例を下記に挙げておきます。

  • 保証書に購入店のスタンプが押されている場合は新品NG
  • 個人から仕入れた商品は新品NG
  • 中身確認や検品のために開封されただけの商品も新品NG

いずれも物理的には出品できますがNGです。
気をつけましょう。

✅保証書の扱いとメーカー保証期間について

少し話がそれますが、保証書の扱いについても説明しておきます。

保証書がレシートの場合などは手元に保管しておきましょう。
FBA納品時も同梱は不要です。

理由としては、販売を目的として購入した(仕入れた)商品においては
販売後の購入者(エンドユーザー)がAmazonから受け取る領収書、
または納品書に記載の日付を購入日として
メーカーの保証を受けることができるからです。

ただ、僕自身も経験はないのですが、ごくまれに一部メーカーにおいて
購入した店舗に相談するように案内されることもあるそうです。

この場合は、購入者から商品を送ってもらい
手元に保管してあるレシート保証書を提出することで
ご自身で保証を受ける対応が必要になるかと思われます。

✅コンディション説明の書き方

基本的に下記について、記載しておけばOKです。

  • 外観の状態(傷やスレ)の有無・使用回数も分かれば
  • 付属品の有無(欠品があれば書く)
  • 元箱(化粧箱)の有無

とは言え、商品にもよるかと思うので
手っ取り早いのは、ライバルセラーを参考にすることですね。

丸パクリはNGですが、参考にしつつあなたの言葉で書き換えて作ればOKです。

あわせて、ストアの強みもアピールしておけば、さらにいい感じですね。

  • Amazon倉庫からの発送となる旨
  • 発送までにかかる時間(素早い配送)
  • 返品、返金可能な旨
  • 使える決済方法の表記

ひとつだけ例文を載せておきます。
たとえば、中古のプリンターなら下記のような書き方です。

◆目立つ傷やスレはなく状態は良好です◆付属品は電源コードのみ/USBケーブル、元箱は付属しません◆Amazon倉庫より迅速に発送します◆クレジット・コンビニ支払い・代引き決済がご利用可能です◆万が一、不具合等があった際は返品・返金対応いたします。

✅中古の価格設定について

中古品の価格設定については、下記を基本にしてください。

同コンディションのライバルの最安値にあわせること

たとえば、中古の良いで出品するなら、中古の良いの中での最安値に合わせる感じですね。

とは言え、ライバルセラーのストア評価が低い場合など
高値でも買ってもらえる要素がある場合は例外です。

購入者は基本的に安いストアから買うということを念頭に置きつつ
頭を使って売っていきましょう。

✅中古品の商品写真撮影について

中古品は、商品写真を撮影して設定した方が商品は売れやすくなります。
とは言え、無くても売れないことはないので必須ではありません。

時間的な余裕があれば撮影して、出品時に載せておきましょう。
撮影のポイントは以下の通り。大掛かりな撮影キットは必要なしです。

  • 撮影はスマホカメラでOK
  • 明るい場所で撮影する(できれば自然光が入る昼間がおすすめ)
  • 背景は白(白い壁でも問題なし)

また、下記のような場合は、なるべく写真を載せた方がいいでしょう。

  • 破損など大きめのダメージがある商品(ダメージの状態を撮影)
  • 箱無しの中古家電

購入者の不安を消す目的で載せてあげる感じですね。

✅中古の検品の必要性について

中古の家電などを仕入れた場合は、
検品をした方がいいのではと思いますよね。

とは言え、本格的に検品をしようしたら時間も手間もかかります。
なので、ある程度は省略しつつ最低限のチェックをするのがおすすめです。

一般的に検品の工程は下記の通り。

  1. 目視確認
  2. 付属品の有無確認
  3. 通電確認=電源が入るかどうか
  4. 動作確認=使えるかどうか
  5. 初期化=データの削除

僕の場合は、仕入れ時に1と2を行うだけにしています。
やるとしても、購入後に3を実施するくらいで問題ないかと思います。

保証付きの商品なら、基本的に仕入れ先となる店舗にて
一通りの検品は実施されているはずだからですね。

故障による返品は、ゼロではありませんが極めて稀です。
なので、検品に時間を使うのは、もったいないですよね😌

✅商品が売れない場合の対応について

商品を出品したものの、思うように売れず在庫が残ってしまっている場合。
そうなったら「価格調整=値下げ」にて対応するしかありません。

商品の売れ行きにもよりますが、3〜4日経過して売れない場合は
とりあえず、価格をチェックしておいた方がいいです。

出品時より、ライバルの価格が下がっていないか。
また、ライバルの数が増えていないかをチェックし調整しましょう。

✅損切りのタイミング

価格調整をしても商品が売れない場合は
やむを得ずですが、損切りというかたちで、利益を捨てて売るしかありません。

とは言え、早めに売ってプラマイゼロで資金を回収すれば
赤字は回避することができますので、
粘りすぎて相場がガタ落ちする前に売ってしまう方が得な場合もあります。

商品の売れ行きにもよりますが、2週間経過して売れない場合は
損切を検討しても良いかなと思います。
(もともと1ヶ月以内で売りたいと考えたいた商品などは別です)

時には早めに損切りすることも、必要な決断と覚えておきましょう。

✅評価獲得の方法

ストア評価は高い方が、商品は早く高く売れやすいようになります。

とは言え、最初は誰もが評価なしの
新規出店者スタートなので仕方なしです。

新規出店者でも商品を売ることはできますが
評価をたくさん獲得している方が
Amazonにおける販売戦略は、楽になることも事実です。

個人的には、なるべく評価獲得も並行して取り組むことをおすすめします。
僕が、高評価200を獲得したやり方をまとめた資料を再度貼っておきますね。

👉Amazon評価を貯めるコツ〜1年で高評価200獲得の手法〜

ヤフオクとメルカリの使いみち

本教材のノウハウでは、仕入れた商品はAmazonで売るのが原則です。
ただ、準備編ではヤフオクとメルカリのアカウントも取得していただきました。

基本的には使わない方向でOKですが
例外的に使わざるを得ない状況が唯一あります。

Amazonに出品できない商品を売りたい場合

Amazonに出品できないCDなどのジャンルで売りたいものがある場合や
出品制限がかかっていて出品できない商品を仕入れてしまった場合などです。

あくまでイレギュラー的な対応ですが、
ヤフオクとメルカリで商品を売る上でのノウハウもお伝えしておきます。

ちなみにヤフオクとメルカリで迷ったらメルカリをおすすめします。
売れたあとの発送とかも楽ですし
取引はメルカリの事務局を介して行われるので安心です。

✅ヤフオクとメルカリで売れる商品の見極め方

基本的に、Amazonで売れている商品ならヤフオクでもメルカリでも売れますが
CDなどはAmazonに出品できる出品者が限定されるため
ヤフオクでの売れ行き、もしくはメルカリでの売れ行きを
あわせて確認しておくことで、より精度が高まるかと思います。

それぞれ下記の方法で確認しましょう。

  • ヤフオク:オークファンで過去の取引を検索
  • メルカリ:メルカリで売り切れ商品を検索

メルカリで売り切れ商品を検索するには
キーワード検索したあとに下記のように抽出すればOKです。

✅ヤフオク出品方法

下記のサイトから出品できます。
👉はじめてのヤフオク!出品

出品方法は、各項目を埋めていくだけなので難しくはないと思います。
もし、出品について不明点があったら、下記が参考になりますよ。
👉参考サイト:オークション出品塾

✅メルカリ出品方法

メルカリはスマホアプリで出品が可能です。

ヤフオクと同様で、各項目を埋めていくだけなので難しくはありません。
出品方法について不明点があったら、下記を参考にしましょう。
👉参考サイト:出品🔰購入メルカリ初心者ガイド

✅メルカリ販売の値下げ交渉対応について

メルカリでは、値下げ交渉がわりと普通に行われます。
所感ですが、出品したら3〜4割くらいの確率で値下げ交渉が来ますね。

なので、値下げありきで1割増しくらいの価格設定をしても良いでしょう。

値下げ交渉が来た場合の対応方法について解説しておきます。

【メルカリ値下げ交渉の動画】